新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
農強青年部
農強青年部
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2013年04月23日

種まき

こんばんはmoon


3か月近くブログの更新をさぼってたJAあまるめ青年部委員長のくどうです。


冬の間ネタも少なくちょっとサボってたら早いもので雪も解け春がきてましたね
これからまた農業ネタや青年部ネタ等、色々な情報を書き込むので、ヨロシクお願いしますkao1



米農家の春最初の大仕事と言えば「種まき」ですね。
今日は私の集落で共同で行っている種まき様子をお見せします。



種まきのやり方はそこそこで違うけど、我が共同は

・マットの入った苗箱をコンベアに乗せる係1人
・種籾の脱水&播種機に種籾を入れる係1人
・苗箱の準備&覆土(種の上に被せる土)を覆土機に入れる係1人
・播き終わった苗箱を軽トラックに積む係2人
・ビニールハウスに苗箱を並べる係4人

で、計9人で行ってます。ちなみに私はぺーぺーなのでハウスに並べる係をしてます。



種まき風景はこんな感じ





最初にマットの入れてある苗箱をコンベアに乗せてスタートです。


我が共同はJAあまるめで作っているエコマットを使用してます。
エコマットとは籾殻を粉砕してスポンジ状に固めたマットで、籾殻をリサイクルするので環境に優しく、土に比べとても軽いので労力が軽減されます。


余談ですが青年部の(勝)阿部マットを筆頭に、サイトウさん海老蔵さんと私も冬季間マット作りに励んでましたicon12


そして、コンベアで流れてきたマットに水をたっぷり染み込ませます。



次に播種機で種籾を播きます




種籾をなじませるためシャワーで水をかけて



覆土をかけると



完成です。



あとは播き終わった苗箱を軽トラックに積んでひたすらハウスに並べて終了です!


今年は時給300円で契約した次男が入社しました。
お小遣い貰えるもんだから丸1日頑張って手伝ってくれました。
さすがに次の日は筋肉痛で辛かったようだけど、仕事の大変さと給料をもらう喜びが分かったみたいですkya-











  

Posted by 農強青年部 at 20:09Comments(3)くどう

2013年04月23日

個人的に感動した事。

皆様こんにちは。


こんな事ってありませんか?



自分がいつも書いている漢字で、しかも合っているのになんとなく見ると凄く間違っている感が漂う時。



ありますよね。ないですか?



今「略」と言う漢字を書いた際、左側が田じゃない気が凄くしてわざわざワードで調べた事務局のサトウです。



本日は土日に稲の種まきをしまして、そこで自分的に感動した事があったので書かせていただきます。



種まきの事は表事務局のヨシズミ君が書くと言っていたのでそれには深く触れませんが、私の家は種まきを農家数軒の共同で行っています。



いつもハウスに種まきされた苗箱を並べる係だったので、通常本所と呼ばれる建物で行う最重要作業、「種まき」の第一線には参加出来ない私だったのですが、今回は運転手に選ばれました。昇格ですよ。ウヒヒヒ。



運転手は本所で苗箱をトラックに積み、ハウスまで気を付けながら軽トラックを運転し、ハウスでは並べる人と一緒に苗箱を降ろす・・・・。あれ?大変になってね?昇格じゃなくね?しかも当日言われましたけど。俺の扱い軽くね?



まーそんな感じでドタバタ頑張っていたのですが、覆土(種にかける土)がチョッコリ足りなくなったもので頼んだ人が取りにいってる最中、普段じっくり見る事のない本所の中を見てたんですよ。



そーしましたら黒板があったのです。私が感動した事と言うのが書かれている内容だったのですが、見てください。



「4月17日 農協職員(新採)播種作業応援来たる。 歓迎いたしましょう。」



自分が入っている共同なのに感動しましたよ。えっ?どこに感動ポイントがって?



私の気持ちを説明させていただくと、組合員さんが農協職員を大事に思ってくれているって感じたんですよ。



前に何かの会議で組合員さんがこう発言されました。



「この農協はみんな含めて一つの家族みたいなものだから・・・・・。」



良い農協ですよ。JAあまるめは。頑張らなくてはと感じた種まきでした。




  

Posted by 農強青年部 at 17:51Comments(1)事務局

2013年04月19日

種をまきましたよ

皆様こんにちは。


最近ダイエットしようかなと考え始めた事務局のサトウです。そんな話をすると周りの方は気を使ってか太ってなくね?と言ってくださるのですが、ただの着やせなんです。風呂に入る時、意味はないですけど何故か腹を叩いでしまうんです。やばいですよね。


本日はこの前ご報告いたしました田んぼアート用の黒い米をまいてきました。


昨日から今日まで出張だったもので、表事務局のヨシズミ君に催芽の面倒をみてもらい、先ほどヨシズミ君、大ちゃん、私の3人でまいてきました。マットではなく、土の方が根はりがいいのではとの事だったので土にまきます。





横に種まき機はあるのですが、余裕の手まきです。


何故って?ちょっと掃除が面倒くさごにょごにょ・・・・。


2人の頑張りのおかげで早く終わりました。





どの段階から黒くなるのでしょうか。非常に楽しみです。またご報告いたします。


明日からは家の種まきです。頑張るぞー!

  

Posted by 農強青年部 at 18:13Comments(0)事務局

2013年04月17日

田んぼアートやっちゃうぞ!

皆様こんにちは。


花粉症の為、下を向くと鼻から水が垂れてくる事務局のサトウです。


青年部の裏事務局としてブログの更新をまた頑張らねばと思っております。







今までの私

何回ネタを腐らせた事か・・・・・。



本題です。JAあまるめは地元の生協さんである共立社さんと米づくり体験交流を行っております。


年間で6回開催され、中身は種まき、田植え、生き物調査、幼穂観察、稲刈り、収穫感謝祭と盛りだくさんの内容です。


この米づくり体験は生協の組合員さんとの産直交流活動で、今年でなんと25周年になります。


そこで現在田んぼを貸してくださってる青年部のこーへいさんと何か楽しい事出来ればいいですねって話していたんですよ。


そしたらこーへいさんが「田んぼアートやってみない?」と素敵な意見。


こーへいさんが生協さんにもお話ししてくれ、やってみる事になりました。


アートの内容は初めての試みなので25周年にちなんで「25th」もしくは「25」


簡単ですが、自分不器用なもので。


アートに使用する米はISO係長が入手してくれました。


育った際のイメージ



種籾は温湯消毒終わりまして今日の夕方から催芽です。





楽しい試みなのでわくわくしますね。皆様にまたご報告いたします。



  

Posted by 農強青年部 at 18:19Comments(2)事務局

2013年04月16日

湯田川に行ってきましたよ

皆さんこんにちは。


販売の担当になって2年目の春ですが、最近購買(資材)の仕事を多く頂いている事務局のサトウです。


簡単に説明しますと販売は組合員の生産物等を売る仕事です。購買は組合員の為になるような農業資材等を買うお仕事ですね。


購買も組合員や地域の皆様に購入いただいているので、どちらも売ると言ってしまえば同じなのかもしれませんが、違うお仕事なのです。


違う仕事ですが、農家の倅のくせに春作業位しか手伝ってこなかった農業初心者の私にとっては農薬や肥料を覚えられて大変助かっています。


今ではお客様が「根こぶ病~」っていらっしゃると「フロンサイドとネビジンがありますよ」って言えるようになりました。と言いますかまだそれくらいしかわかりませんが・・・。


いつもの事ですが関係の無い話が長くなりました。今日は鶴岡の奥座敷「湯田川温泉」に行ってきました。


この湯田川温泉は開湯が和銅5年(712年)で平成24年には開湯1300年を迎えた大変歴史のある温泉です。江戸時代には庄内藩の湯治場として栄えたそうです。(ウィキペディア丸写し)


そこに何をしに行ったのって?もちろん温泉に入りに行ったんですよ。





















米が・・・。ウケるー!いや、ウケない。






















なんでかって言いますと「催芽」なんですよね。


催芽って言いますのは水を十分に吸った種籾を30度前後の微温湯につけることで発芽を促したり、種籾による発芽のばらつきを抑える効果があります。


そこでトラックに・・・・。私はどうも文章が長くなりすぎるとご指摘を受けますので写真をのせますね。見て頂いた方が早いです。



一袋約8kgです。






にこやかですね。







皆様の動きが素晴らしく、多少早く終わったので近くの公園に梅の花を見に行きました。









満開まではまだかかりそうでした。







午前は天気も良く気持ち良かったです。






明日からが本番ですね。皆様頑張りましょう。私もまた邪魔しに行かせていただきます。  

Posted by 農強青年部 at 18:18Comments(2)事務局