新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
農強青年部
農強青年部
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2013年05月28日

大豆播種始めました。

みなさまこんにちは。



机で育てていたトマトを営農部の畑に嫁に出した事務局のサトウです。机で仕事をしながらトマト食べたかったのですが、カリ不足により葉が茶色になってきたのでI-SO係長に子離れを進められました。



大豆の播種が本日より始まりましたのでご報告させて頂きます。



大豆の位置付けは転作です。転作は米以外を植えなさいよって事でして、JAあまるめ管内は大豆が一番の面積をしめます。



大豆の播種は個人でする方もいますが、何人かのグループを作ってまく方が多いです。



本日は廿六木周辺に行ってきました。



播種している様子はこんな感じ。




こちらが大豆のタネです。




赤いですねー。これは、根切り虫と鳥よけの剤を混ぜてるからです。



こうやって



こうやって




こうです。




大豆を播種した後に除草剤をまきます。



こんな感じ




こちらにのっているのは青年部の(勝)阿部マットさんです。




晴れが続いて、早く終わればいいですね。



ちなみに今の田んぼアートはこんな感じです。




だんだんはっきりして来ましたよ。  

Posted by 農強青年部 at 18:48Comments(0)事務局

2013年05月23日

これは親切でしょうか

みなさんこんにちは。事務局のサトウです。



昔、円楼に住む中国の方は言いました。「隣の人にいい事をしなさい。それはめぐって自分に返ってくるよ」




ある天気のいい午後、私は堆肥施設「あぐりん」に資材で売る分の堆肥を取りに行っていました。



窓を開けて車に入ってくる風が心地よく、春の訪れが私の気分を高揚させます。



鼻歌なんか歌いながら、スーパー農道に差し掛かった時、私の目にハザードをつけて路肩に停車している車が目に入りました。



携帯かな?とっさにそう思った私は、さほど気にする事もなく、あぐりんに向かいました。



あぐりんに勤務されているAさんと談笑しながら堆肥を積み、営農部に向けアクセルを踏みます。



帰り道、先ほどと同じ車が、まだ停車しています。しかし、先ほどと違う所は、車のそばにおじいさんとおばあさんが立っていたのです。



私には少し困っているように見えました。気分がいい私は軽い気持ちで声を掛けます。「どうかなさいましたか?」



「パンクしてしまいまして・・・・。でも、ジャッキが見つからないのです。」



これで大変ですねなんて帰れる人はいないでしょう。冒頭のように親切にすればいつか返ってくるという打算的な気持ちもあった私は近くのカントリーエレベーターに行き、ジャッキを持ってきました。



「任せてください」手慣れた感じで、ジャッキを使い、レンチはその方にお借りし、スペアタイヤに交換しました。



全てが終わった時、おじいさんがお礼を渡そうとしてきたのです。私はもちろん丁重にお断りしました。



それを見たおばあさんが後でお礼の電話をするので連絡先を聞いてきました。私はもちろんお気持ちだけで結構です。とお断りしました。



頭を下げてくれるお二人に満たされた気持ちになった私は「気を付けて帰ってくださいね」といい人ぶりながら見送ります。



お二人が行ったのを見届けた私はふと自分の手をみます。



右手にカントリーから借りてきたジャッキ。





















左手には先ほど借りたレンチ。






























あっ。やっべ。




















JAあまるめの職員に道端でタイヤ交換された方。連絡待ってます。レンチは皆に笑われながら営農部で保管しております。
申し訳ありませんでした。
  

Posted by 農強青年部 at 19:30Comments(0)事務局

2013年05月22日

田んぼアートやっちゃうぞ!4

みなさまこんにちは。



折れちゃったトマト苗を机の上で育てている事務局のサトウです。


ちなみにこちら

最近根っこが出てきたので、液肥(濃いめ)をたしてやりました。大きくなれよ。



本題です。5月18日は田んぼアートの田植えをしてきました。



天気は快晴。絶好の田植え日和です。




皆さんが到着する前にヨシズミ君と準備を進めます。




生協の皆さんも到着し、ヨシズミ君が植え方の説明をし、田植え開始です。



皆さんもじもじしてたので、コーヘイさんが一番で植えます。




25thの場所はヨシズミ君の指導の下、子供たちが中心で頑張ってくれました。




3反全て手植えは時間の都合上出来ませんので、あとはコーヘイさん運転の田植え機でバリッと植えます。




庄内町民なら写真のバックは鳥海山しかありません。



田植え後はみんなで食事をして解散しました。その際、参加したお子さんにアートがどうなるのか楽しみです。と良いプレッシャーを頂きましたので綺麗に育つよう明日から仏様にお願いしようと思います。

  

Posted by 農強青年部 at 18:13Comments(2)事務局

2013年05月17日

田んぼアートやっちゃうぞ!3

みなさまこんにちは。



自家用車のエンジンが壊れて本日廃車にした事務局のサトウです。JAに勤めてからすぐ購入したのでもう11年乗ってました。いろいろな思い出が詰まってたなー。ありがとうございました。



田んぼアートも明日が本番です。本日は下準備をしてきました。



25thと簡単な感じでもどこに植えるかは指定しないといけないですしね。



田んぼの持ち主コーヘイさんと父上、JAからはI-SO係長、ヨシズミ君、私が参加しました。



まず交流田の看板を立てました。師弟の共同作業です。




次に田んぼに植える場所を指定する「カタ」を押します。名前は・・・。記憶にございません。




準備の際にJAの3人が張り切って田んぼの端に準備しました。いつでも押せますよと。




そこにコーヘイさんが呼んでくれた達人が登場しあっさり田んぼの真ん中からに変更しました。3人は心に軽いダメージを受けましたが、顔には出しません。だって3人とも心は少年でも年齢的には大人ですから。




「カタ」を押すコーヘイさん




同じくヨシズミ君




私?押しましたよ。曲がりましたけど。あの「カタ」は私の時だけ材質がこんにゃくになるようです。じゃー曲がってもしょうがないよね・・・・・。今度は私だけ心に重めのダメージを受けました。年齢は大人でしたが若干顔に出たかもしれません。




押し終わったら今度は棒をたて、黒米を植える所を囲んでいきます。




コーヘイさんの父上からも「おー見えてきた」とお褒めの言葉を頂きました。



見づらいですが完成です。




終わった時はやりきった感が凄かったですね。反省会したいくらいです。



明日は本番。がんばるぞー!
  

Posted by 農強青年部 at 18:40Comments(0)事務局

2013年05月12日

育苗コンクール

こんばんは。くどうです。


今年の春は寒く晴れ間も続かず、春作業に苦労しましたが、最近ようやく天気も良く暖かくなってきましたねicon01
ちらほら田植え機も出動し始め、ウチも今週あたりから田植えが始まります。futaba


米づくりは昔から「苗半作」と言われ、苗の良し悪しで米の出来が決まると言われるほど苗づくりは重要な仕事です。


JAあまるめでは育苗技術の向上により、更なる高品質、良食味、安定収量の米づくりを目的にした「育苗コンクール」が昨日開催されました。



この育苗コンクールは管内22集落より選出された代表者1名の苗を審査しお互いの育苗技術を競い合うもので

①苗丈
②第一葉鞘高
③葉数
④葉色
⑤葉の姿
⑥茎径
⑦根組み
⑧カビの有無
⑨揃い
⑩全般的な管理

の10項目を各10点満点で採点し、合計点の高い1~3位が入賞されます。
審査員は5人で審査し、私も青年部代表で審査を行いました。



青年部のメンバーも、たかっきーさん、りゅうさん、Toshikiさん、海老蔵さんが集落の代表として参戦しました。



審査風景はこんな感じです。













今まで農協管内の全集落の育苗ハウスを見る機会は無かったので、育苗箱の並べ方や、換気方法など色々な工夫が見られとても勉強になりました。


皆さん各集落の代表とあって、とても素晴らしい苗を作っていました。
それでは、その中から選ばれた上位3名を発表しますmaiku





3位は




長畑 abeさんicon12

私の集落の大先輩。さすがベテランの苗づくりです!










2位は
















平岡 海老蔵さんicon12

きめ細かな管理が施され、どのハウスを見てもガッチりした素晴らしい苗でした。
私から見ると凄く良い苗でも、彼に言わせればまだまだで、色々と課題があるようでした。
来年は今年以上の良い苗をつくってくれそうですkao12





そして、輝く第一位はmaiku



















千河原 Toshikiさんicon12icon27

苗を見るとToshikiさんの米作りにかける情熱が伝わって来るようですheart
Toshikiさんは苗づくりの基本はキッチリおさえ、更に色々な工夫を取り入れていて、とても素晴らしい苗でした。



入賞された皆さん本当おめでとうございますkao1
たかっきーさん、りゅうさんもとても良い苗でしたが入賞まであと一歩のところでした。来年にリベンジですね!



今回審査員をしてみて皆さんもの凄く苗づくりを上手に手を抜かず本気で取り組んでいてとても刺激をうけました。
来年は自分もコンクールに参戦して、皆のレベルに追い付けるよう頑張らなきゃダメだなと痛感しましたkao9



このJAあまるめ育苗コンクール良い取組です!!






  

Posted by 農強青年部 at 21:41Comments(0)くどう

2013年05月01日

田んぼアートやっちゃうぞ!2

皆様こんにちは。


事務局のサトウです。本日は田んぼアートやっちゃうぞ!のパート2です。


黒い米の種まきはこの間ご報告させていただきました。その後のご報告です。


苗の管理はこーへいさんにお願いしているので、表事務局のヨシズミ君とこーへいさんハウスに行ってきました。


実は先週も伺ってましてその際に撮った写真がこちら。



もういっちょ。



かわいいですね。しかし、当たり前ですが、この時点で稲は黒さもなく、ヨシズミ君とは普通の苗だったらやばいねとひやひやしてました。


あまりに心配だったので昨日も二人で見に行ってきました。


それがこちら。




黒くなってきましたね~。いいですよ~。


ちなみに普通の稲。



違いますね~。田んぼアート「成功」へ着々前進です。


またご報告します。それでは。  

Posted by 農強青年部 at 18:17Comments(0)事務局