新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
農強青年部
農強青年部
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2013年06月05日

牛と鴨と私

皆さんこんにちは。


本日子牛市場に行って牛に舐められまくってきた事務局のサトウです。結構ザラザラなのね。あと皆さん知ってます?牛の首にあるお肉のたるみって触るとすげー気持ちいいんですよ。近くに牛のいる方は是非確認してください。癖になりますよ。


セリ前の品評会の様子。




牛つながりでもういっちょ。


ちょっと前の話ですが、5月30日は入牧式でした。入牧式とは牛さんを山に連れて行ってたくましくなって来いよ。と、放牧させる日です。山形県民であればある歌が頭にうかびますよね。そうです!県民のソウルソング菅井智郎さんの「ベゴ子は山に」です。たくましくなぁって~。帰って来いよ~。そこから~お前の~・・・。



口ずさんだ方は生粋の山形県民です。ソウルソング他にもありますかね・・・。私は「初孫囲んではっ!はっ!」位しか思いつきません。



たくましくなって帰って来いよ!はっ!はっ!


あとはなんだっけ・・・?・・・!そーです!鴨です!



JAあまるめの管内には「鴨米」を作っている組合員がいらっしゃいます。


鴨米とは田んぼで鴨を育てる農法です。鴨が田んぼを泳ぎ回る事によって、水がにごって雑草に対する日光を遮ったり、根をはるのを防いだりします。あと、米の根には酸素がいきやすくなったりするそうです。メリットは剤を減らせる、もしくは使用しない事で、デメリットは米に悪さをする可能性もある事でしょうか。



組合員さんが鴨入ったよって教えてくれたので行ってきました。



小さくてかわいいのがたくさんいましたよ。周りには鴨を外敵から守る電気のネットが張られていました。




これが鴨米の田んぼ




お隣の田んぼ




全然違いますね。これからもしっかり働いてくれよ。はっ!はっ!  

Posted by 農強青年部 at 18:46Comments(2)