新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
農強青年部
農強青年部
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2015年07月29日

俺たちのOHP

みなさまこんにちは。事務局のサトウです。


昨年勢いだけで計画もなく突っ走ったOHP(俺たちの 冷や水 プロジェクト)ですが、今年も本日から開始しました。


OHPを簡単に説明しますと、田んぼに冷たい水が流れ込む山間地の米は、平地にくらべてコンテストで賞を取っているという事に気付いた3人の青年が、「冷たい方がいいなら氷を田んぼに入れちゃおうぜ!」と言う安直な発想のもと、山の水に何が含まれているか等は考えず、温度に特化した取組みをとりあえずやってみた感動のプロジェクトXなのです。


昨年は勢いしかなかったので、米のちょっとした変化に一喜一憂して、天日干しをした挙句、食ってうまかったしかありませんでした。本当はもうちょっとあるのですが割愛。


昨年みたいに勢いで突っ走って、結果よりも思い出って言うのもゴキゲンワーゲンなのですが、齢30をこえるおっさん2人と、20代の青年がいつまでも奇声を上げながら田んぼに氷をブン投げて反省会で酒を飲むのもどうかと思ったんですよ。


まぁ。反省会で酒は欠かせませんが、昨年よりも一歩前に行こうと思いました。


これは今年の圃場です。昨年と違う場所ですね。



今年は田んぼの奥の方(しり・水が出ていく方)を囲いましていまして、氷の効く範囲を限定しました。凄い進歩。イクラちゃんに例えると「バブー」や「チャーン」の他に「おい。ノリスケ。」とか言っちゃうレヴェル。もしくは「磯野~。野球いこうぜ~。」




干してあったからなかなか刺さりません。



氷を入れる前は何と30度。水中なのに夏日。こりゃー稲もバカンス気分です。



そんな彼らに愛のムチ(氷)をぶち込みます。ムチがとけるまでは時間の関係もあってみていられなかったのですが、帰り際には28度になっていました。ムチの周りの稲なんかはあまりの冷気に気が引き締まった事でしょう。甘やかさないZE!


次にムチを振るうのは月曜日の予定。



そうそう。そー言えば営農部米ですがこんなになりました。

土の量により成長に差が出てしまいましたが、ビヨーンって感じになってます。長年の転作により、私達でも把握できていない肥料がたくさん入っていたらしく、色もさめないし大変です。Toshikiが言うには穂がついてから、倒れるのが当確だそうです。そうなりそうになったら文明の利器(紐)を使って、遠目に見たら倒れていない風にしてやろうと思います。







同じカテゴリー(事務局)の記事画像
俺たちの生き物調査
営農部米 その6
営農部米 その5
営農部米 その4と副委員長
営農部米 その3
生協交流田と営農部米 その2
同じカテゴリー(事務局)の記事
 俺たちの生き物調査 (2015-06-11 18:37)
 営農部米 その6 (2015-06-09 18:15)
 営農部米 その5 (2015-06-01 17:43)
 営農部米 その4と副委員長 (2015-05-29 17:57)
 営農部米 その3 (2015-05-23 10:39)
 生協交流田と営農部米 その2 (2015-05-21 14:55)

Posted by 農強青年部 at 19:27│Comments(0)事務局
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。